読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monologue

最期は端的に

겨울 너야 제아(Jea)

 

 

차가워진 공기가 내 몸을 감싸고

冷たくなる空気が 私の身体を包んで

흩어지는 입김에 겨울을 느껴

吐き出す息に冬を感じて

 

아득해진 기억 눈처럼 내려

遠くなった記憶 雪のように降って

소리도 없이 조용하게 난 눈을 감아

音もなく静かに私は目を閉じる

 

oh 함께 듣던 음악들이 너 없이 흘러

oh 一緒に聴いた音楽が 君なしで流れて

아름답던 그 겨울 널 떠올리네

美しかったあの冬 あなたを思い浮かべるの

 

oh 들려 그때 너야

oh 聞こえる あの時のあなたよ

날 안아주던 따뜻했던 겨울 그래 너야

私を抱きしめてくれた暖かい冬 そう、あなたよ

이 계절 속의 너를 보며 Merry Christmas

この季節の中のあなたを見て Merry Christmas

 

oh 마주 보며 어루만진 손끝이 시려

oh 見つめながら撫でた指先が冷えて痛い

혼자 걷는 이 겨울 널 떠올리네

一人歩くこの冬 あなたを思い浮かべるの

 

oh 들려 그때 너야

oh 聞こえる あの時のあなたよ

날 안아주던 따뜻했던 겨울 그래 너야

私を抱きしめてくれた暖かい冬 そう、あなたよ

이 계절 속의 너를 보며 Merry Christmas

この季節の中のあなたを見て Merry Christmas

 

someday 누군가를 만나면 잊혀질까

someday 誰かと付き合えば忘れられるかな

someday 내 겨울은 달라질까

someday 私の冬は変わるかな

 

들려 그때 너야 

聞こえる あの時のあなたよ

날 사랑했던 행복했던 겨울 내겐 너야

私を愛してた 幸せだった冬は あなたよ

다시 돌아와 나를 보며 Merry Christmas

また戻ってきて 私を見ながら Merry Christmas