monologue

最期は端的に

넌 왜?(feat. 서사무엘) 박보람

 

 

 

길었던 하루도 다 지나고 포근한 내방 이불 속인 걸

長かった1日もみんなすぎて 暖かい部屋の布団の中

커피 때문일까 쉽게 잠은 안 오고 이리저리 뒤척이는 중

コーヒーのせいか簡単に眠れなくて あちこち寝返りを打ってる

 

근데 낮과 밤은 왜 기분이 달라 

ところで昼と夜は何で気分が違うのかな

조금 더 섬세해지는 걸까

少し繊細になったのかな

문을 잠근 채로 멍하니 있다가 혼자 울기도 해 난

ドアを閉めたままぼんやりしたり 一人泣けてきた

 

가끔씩 생각이 많아지는 밤이면

たまに考え事が多くなる夜なら

괜히 스쳐 가는 너 때문에 울컥하지만

やけに通り過ぎる君のせいでムカつくけど

그때 좀 더 내게 잘했음 어땠을까

あのときもう少し私によくしてくれてたら どうだったかな

가만히 생각해봤어 그러고 보면 넌

じっと考えてみたの そしたら君は

 

그렇게 나빴던 너는 왜 

あんなに悪かった君はどうして

공기처럼 왜 맴도는데 no way 날 괴롭혀

空気みたいに回ってるの no way 私を苦しめて

싫었던 기억은 조금 더 빨리 잊혀진다 하는데 넌 왜

嫌な記憶はもっと早く忘れるっていうのに 君はどうして

그렇게 싫진 않았나 봐

そんなに嫌いじゃなかったみたい

 

이 시간만 되면 달이 참 밝아 날 위로해주고 있는 걸까

この時間になると月がとっても明るい 私を慰めてくれてるのかな

이젠 잊으라고 그래도 된다고 내게 말하는 듯해

もう忘れろって それでいいんだって 私に言ってるみたい

 

가끔씩 생각이 많아지는 밤이면

たまに考え事が多くなる夜なら

괜히 스쳐 가는 너 때문에 울컥하지만

やけに通り過ぎる君のせいでムカつくけど

그때 좀 더 내게 잘했음 어땠을까

あのときもう少し私によくしてくれてたら どうだったかな

가만히 생각해봤어 그러고 보면 넌

じっと考えてみたの そしたら君は

 

넌 어때 넌 어때 지나고 보면 항상 있을 때는 몰라 그래

君はどう すぎてみれば いつもいた時は分からない そう

이제 와서 묻지 마 넌 너 어때

今さら聞かないでよ 君はどうなの

이 짧은 노랫말이 닿을지는 모르지만

この短い歌詞が届くのか分からないけど

묻고 싶어 진심 너는 너 어때

本心を聞きたい 君はどうなの

그래 서로뿐이었던 순간 소중했던 걸 느낀다 한들

そう 2人だけだった瞬間 大切だったって感じる

이젠 더 바랄 수 없는 것을 나도 너무 알아

今はもう願うことができないことを 私も充分分かってる
생각하기조차 멀게 느껴지는 너와 나 I know

考えることさえ遠く感じる 君と私 I know

 

가끔씩 생각이 많아지는 밤이면

たまに考え事が多くなる夜なら

괜히 스쳐 가는 너 때문에 울컥하지만

やけに通り過ぎる君のせいでムカつくけど

그때 좀 더 내게 잘했음 어땠을까

あのときもう少し私によくしてくれてたら どうだったかな

가만히 생각해봤어 그러고 보면 넌

じっと考えてみたの そしたら君は