読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monologue

最期は端的に

밤편지 아이유(IU)

 

 

 

이 밤 그날의 반딧불을 당신의 창 가까이 보낼게요

今夜 あの日の蛍の光を あなたの窓のそばに送ります

음 사랑한다는 말이에요

愛してるという話です

 

나 우리의 첫 입맞춤을 떠올려

私は私たちの初めての口づけを思い出し

그럼 언제든 눈을 감고 음 가장 먼 곳으로 가요

それでは いつでも目を閉じて 一番遠い場所に行きます

 

난 파도가 머물던 모래 위에 적힌 글씨처럼

私は波が止まった砂の上に書かれた文字のように

그대가 멀리 사라져 버릴 것 같아 늘 그리워 그리워

あなたが遠くに消えてしまうかと いつも恋しい 恋しいの

 

여기 내 마음속에 모든 말을 다 꺼내어 줄 순 없지만

私の心の中 言葉を取り出してあげることはできないけど

사랑한다는 말이에요

愛してるという話です

 

어떻게 나에게 그대란 행운이 온 걸까

どうやって私に あなたという幸運が訪れたのかな

지금 우리 함께 있다면 아 얼마나 좋을까요

いま私たちが一緒にいたなら どれだけ幸せでしょうか

 

난 파도가 머물던 모래 위에 적힌 글씨처럼

私は波が止まった砂の上に書かれた文字のように

그대가 멀리 사라져 버릴 것 같아 또 그리워 더 그리워

あなたが遠くに消えてしまうかと また恋しい もっと恋しい

 

나의 일기장 안에 모든 말을 다 꺼내어 줄 순 없지만

私の日記帳を 全部見せてあげることはできないけど

사랑한다는 말

愛してるという話です

 

이 밤 그날의 반딧불을 당신의 창 가까이 띄울게요

今夜 あの日の蛍の光を あなたの窓のそばに浮かべます

음 좋은 꿈 이길 바라요

いい夢であることを願います